\共働き夫婦のリアルな収入と支出を大公開/

サポート無し共働きなわが家が基本ワンオペなおかげで上手くいっている話

週末の外出自粛要請、どうしよう。。
親子3人で家でじっとするのかな?
いざ言われると、実際にどう行動すれば良いのかさっぱりですね。

MRKM家のワンオペ

私がフルタイム復帰してから、平日は基本ワンオペです。
夫がいない日は私が1人でお迎えから寝かしつけまでを行い、私がいない日は夫が1人でお迎えから寝かしつけをやります。
親も遠方でサポート無し(ファミサポは断られました)なので、夫と私の2人のみで回しています。

ご飯も、夫がお迎えの日はすべて夫が作ります。
夫は社食があるので残業の日は食べてくるから私が作るのは2人分なのですが、私は帰宅してから食べるので夫は3人分作ってくれます。
ワンオペになるまではほとんど料理なんてしたことがなかったのに、今では私より美味しい料理もあります・・・。

1週間の予定をTimeTreeにまとめていて、保育園の送りとお迎えは仕事の様子を見ながらほぼ折半です。
夜お迎えに行く時は、朝の送りはお願いしたり。お互いに仕事が忙しくなれば、今週はママワンオペが多めなどして調整します。
幸い、繁忙期に入るタイミングが(ぎりぎり)ずれているなどで、今のところどうしようもないほど困ったことはありません。

平日の負担に関してはほぼ対等ですが、その分収入も同じです。
フルタイム復帰してからはお互いに残業なしの(少ない)基本給のみなので、ほぼ同じか、たまに私の方が多かったりします。夫は会社関係の天引きも多いので。
だからこそあまり不満なく過ごせるのでしょうかね。

ワンオペなおかげでできること

仕事が忙しくなければ、飲み会やプライベートの時間に使ったりもします。
これは子どもの様子を見ながらではありますが…仕事が落ち着いているときは週1〜2でバイオリンの練習のためにカラオケに行かせて貰っていました。夫はほとんど飲み会かな。
1人の時間を持てるのはめちゃくちゃストレス発散になっていました。

このやり方にするようになったのは、私がフルタイムに復帰してからです。
時短の間は、基本的に私がお迎えに行っていました。
朝はたまに行って貰っていましたが、子どものことはほぼ私、というスタンス。
これが結構しんどかった。。
フルタイムより時短の頃の方が辛かったです。

ワンオペにする前の話

毎日お迎えに行くのは私なのに、夫は結構早く帰ってくる。
当時、夫は残業できない部署に異動になったというのもあって、19時頃には帰宅ということが増えていました。
なぜか、夫がいると余計に疲れるんですよね。。
ご飯を3人分作らないといけなくなったり、食器とかの片づけるものも増えたり、子どもがテンション上がってたくさん遊んだり、ワンオペしてる時よりも寝る時間が遅くなってしまう。
夫も、私がいると甘えが出るのでしょうね。たまにお願いしたときは寝かしつけまでしてくれるのに、一緒にいるとスマホ見たりだらだらしたりで積極的に動いてくれるわけではない。
夫がそうしていると、私だけきりきりして働きアリになるのも馬鹿らしくなってきます。
そんな悪循環もあって、中々上手に過ごすことができませんでした。
そのうち、平日はいかに効率的に子供を寝かしつけられるかの勝負なので、ワンオペでやった方が楽なのでは?と思うようになりました。

ワンオペにして良かったこと

なので、昨年の6月からフルタイムで復帰しました。
延長保育に子どもが対応できるかが1番心配でしたが、食い意地が張っているおかげで、延長保育のおにぎりが大好きになりむしろご機嫌に。延長保育前にお迎えに行くと怒られたりもします。

夫も、ワンオペが増えたことで、それ以外のときでも家事や料理をしてくれることが増えました。
やり方を覚えたからなのか、やる気が出てきたのか、理由は分かりませんがなんとなく意識が変わりつつあって、これもフルタイムに変えてからすごく助かっていることの1つです。
元々、夫は私が残業で帰ってきても自分は定時で帰ってすぐ寝ててなーんにもしなかったタイプ。
洗濯ですら着る服がなくなるまでする必要ないと断言していたタイプ。
それを思えば、最近の夫は人が変わったかのようです。

夫は夫で、多少無理をしても節約よりも贅沢をして暮らしたいタイプなので、私の収入が増えることがメリットと感じているようす。
さらに、時間の使い方を公平にすることには肯定的で、夜の自由時間をイーブンにすることも納得してくれているので、わが家にはこのスタイルが合っているのだなと思います。

ワンオペ自体には、今のところそんなにしんどさを感じていません。
ただ、2人育児になったらまた違うかも。1人で2人の面倒を見ることには限界がありそうです。
そのときはまたどうするか、考えないといけませんね。



最後までお読みいただきありがとうございました(*^^*)
少しでもお役に立てましたなら、ぽちっとしていただけるととっても嬉しいです。
みなさまのひとぽちがブログを書く励みになりますm(__)m

にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ 

コメント